人間形成系

ミッション

ミニ講義 (F102)

4人の教員が担当し、それぞれの研究知見を交えながら、人間形成系で学べる教育内容や研究概要について説明します。また、現役大学生らが、参加者の質問等を受けて、相談に応じる。

  1. 聴くを体験する(尾崎 公子先生)
    13日 10:20~11:00
  2. 大学受験四方山話(篠原 光児先生)
    13日 11:20~12:00

  3. 友愛とは?(西村 洋平先生)
    14日 10:20~11:00 
  4. 子どもの心に添えますか(芦田 宏先生)
    14日 11:20~12:00

13日(土)第1回:尾崎公子 「聴くを体験する

子どもたちに、「辛い時、悲しい時に大人にどうして欲しかった?」と尋ねると「聴いてほしかった」と言いま す。大人たちは聴いているつもりでも、子どもたちにとっては聴いてもらっているという実感がなかったりします。なぜなんでしょう?ミニ講 義では、聴くとはどういう行為なのかをワークを通して考えてみようと思います。

 

13日(土)第2回:篠原 光児 「大学受験四方山話

親の気持ちを知ってか知らずか、高校卒業後、大学進学する子どもが半数います。「大学受験は本人しだい」は30年前の話。「女子学生亡国論」は今は昔。最近の大学受験の実情をさぐります。

 

14日(日)第1回:西村 洋平 「友愛とは?

家族・学校・社会など、人はなんらかの人間関係を持って生きています。そして、そうした関係が敵対的であるよりも友愛に満ちているほうが望ましいと私たちは考えています。しかし、そもそも友愛とは何でしょうか。どのように成立し、なぜ価値があるものなのでしょうか。友愛をめぐる哲学・倫理学の議論を紹介します。

 

14日(日)第2回:芦田 宏 「子どもの心に添えますか

人は意外とドラマチックに生きているのかもしれません。映像を見ながら子どもの気持ちを考えてみましょう。 


体験「体力測定コーナー」 (F201)

13・14日 11:00~12:00 / 12:30〜13:30

 

経験や勘が重要と考えられているスポーツを“科学する“ためにはどうすればよいのか? 

自分の体力を”単なる印象“として捉えて思い込むのではなく、”客観的に計測した数値“をもとに自分に不足している体力を明確にすることが第一歩です。身体組成(体脂肪率)、脚筋力、重心動揺(バランス能力)、全身反応時間などを測定し、その第一歩を踏み出しましょう。

 

田路 秀樹 先生
田路 秀樹 先生
森 寿仁 先生
森 寿仁 先生
尾崎 公子 先生
尾崎 公子 先生
篠原 光児 先生
篠原 光児 先生
西村 洋平 先生
西村 洋平 先生
芦田 宏 先生
芦田 宏 先生

人間形成系紹介について

ミニ講義の会場(F102)などにおいて、人間形成系を紹介する資料を掲示します。ミニ講義時間内では学生との対話・相談タイムをつくります。(〜13:30まで)

 

なお、ミニ講義では、人間形成系の先生方の研究分野を紹介し、学生として学べること、また学生生活等の内容紹介も行います。



国際文化系

ミッション

ミニ講義(F101)

中国語の仕組みと外来語訳―英語・日本語・中国語を比較― (鄧 秀先生)

   13日 11:20~12:00  / 12:30~13:10

 中国語はすべて漢字から成っています。日本語のカタカナのように、外来語を元の発音に近い音で表記する記号がなく、すべて漢字に直さなければなりません。このミニ講義では英語の例を中心に日本語訳と中国語訳を比較してみましょう。

 

異文化コミュニケーションとことばの役割(木本 幸憲先生)

   14日 11:20~12:00  / 12:30~13:10

 私たちは、身の回りの色々な人たちと対面で、またはLINEなどのSNSで、日々コミュニケーションしています。そもそも私たちはどのようにことばのキャッチボールをしているのでしょうか?そしてことばが違う文化では、どれだけコミュニケーションのやり方も変わってくるのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

 

*各回とも、学生のプレゼン(約10分)を含みます。


国際文化系の活動やグローバルリーダー教育プログラムのポスター展示

国際文化系の教員・学生が現在取り組んでいる活動についての展示を行うほか、グローバルリーダー教育プログラム紹介を行います。


グローバルリーダー教育プログラム紹介(F101)

 

 グローバルリーダー教育プログラム(GLEP)は、一年生後期から始まる兵庫県立大学の副専攻プログラムの一つです。海外実践科目、英語スキルアップ科目などで構成され、国際的に活躍できるリーダーの育成をサポートします。GLEPの専門員と在学生がこのプログラムの魅力についてご紹介します。皆さん是非聞きに来てください。

 

  • GLEP専門員による説明 13日、14日
    (F101) 10:20-10:50 / 13:20-13:50 
鄧 秀 先生
鄧 秀 先生
木本 幸憲​ 先生
木本 幸憲 先生


社会デザイン系

ミッション

ミニ講義(ゆりの木会館会議室)

社会デザイン系での学び(江口 善章先生) 

13日 11:10~11:30 / 12:10~12:30 

 環境人間学部社会デザイン系での学びにはどのような特徴があるのか。社会デザイン系の学生は2年生から4年生まで何を学び、そしてどのようなところに就職して巣立っていくのかのお話をします。 

  

メディアと私たちの暮らし(糟屋 美千子先生)

14日 11:10~11:30 /12:10~12:30 

 

私のたちの社会でメディアは大きな役割を果たしています。私たちはふだん意識していなくても、暮らしの中でメディアから影響を受けて、いろいろな考えや価値観を持つようになっています。このミニ講義では、メディアの情報を読み取るときに私たちにどんなことが求められるか、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 

★ミニ講義に続いて社会デザイン系の学生による学生生活や進路に関する10分間の学生プレゼンもあります。こちらもご参加ください!


常設展示

社会デザイン系研究室展示-社会にアプローチしよう!

     13・14日 10:00 ~14:00

 社会デザインを学ぶと言ったとき、一体どのような切り口があるでしょうか? また、そこにはどのような面白さがあるでしょうか? 社会デザイン系の各研究室が具体的に何をやっているのかを教員と学生が紹介します!

 


いつでも学生相談コーナー

「いつでも相談コーナー」として学生が運営しています。社会デザイン系のこと、大学生活のこと、卒業後の進路など何でも聞いてください!

     13・14日 10:00 ~14:00

江口 善章​ 先生
江口 善章​ 先生


環境デザイン系と食環境栄養課程は以下のボタンから